ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう2年なのか、たった2年なのか。

被災者ではない当方には、なんと言っていいのか判らないのだが、
昨日は各地で追悼式が行われた。
改めて亡くなった方々への哀悼の意を表し、復興の進展を祈ります。

しかしこんな中で、政府主導の追悼式典に反対する団体があったことや、
全国で黙祷反対デモまでやっていた人々がいたというのだから、
呆れるを通り越して、貴様らは日本人なのか?!と思う次第。

中韓は追悼式に参加すらしなかったらしいね。


スポンサーサイト
イタリアの総選挙での混迷で、今日は大幅円高が到来!

チャートでは良い押し目だが、どうも結果的に商品市場は、
「節分天井」となった模様であり、そうであれば「彼岸底」かもしれないな。
それまで乱高下が続くのだろう。

もしも昨日、さあ買いだ!と高値掴みをしてしまった人が居るなら、
今日はイタ公を恨んで、スパゲッティのやけ食いでもするしかないでしょ!

当方が今まで食べた中で、一番うまいなと思ったスパゲッティ屋は、
八丁堀の「マイヨール」って店だな。
1,000円ほどで喰える!
昨日のNY市場はプレジデンツデーの休場だったので、
夜中は何にも外電を気にすることもなく、ぐっすりだ。

人間というのは、夜は寝るもんだ・・・と思うわけだが、
なんせ相場が大きく動くのは、10時過ぎ、12時過ぎ、明け方と決まっている。

最近は、ドル/円相場の影響が大きいし、日本発の「アベノミクス」なので日中も動くが、
身体は一つなので、そうそう全部は見れられないしね。

平和な夜だった。
いよいよ東京穀物商品取引所が、東京工業品取引所に吸収合併される。

取引所が一つになるには何の問題もないが、穀物取引にとっての懸念が一つ。

東京工業品取引所の内部要因の公開は、週に一度のカテゴリー別ポジションの公開だけ。
一般の人が受け渡しをするのは、貴金属だけであろうし、
これは限月別の違った動きなんぞあまり無いから、まあこれはこれでも良かろう。

しかし穀物相場の場合は、新穀・旧穀の違いがあるし、
月別によって価格差が非常に大きくなったりする特徴があるわけだ。

そんな中で、現在は毎日公開されている「取引員別手口・取組高」が闇の中に入ると、
一般投機家にとっては、当業者やファンドの動きが全く読めなくなる。
策動されての大暴騰や、売り崩しの大暴落なども、何で起きているのかわからなくなるわけだ。

投機の世界というのは(ヘッジ取引の世界と言い換えても同じだが)、流動性の確保が最重要で、
しかも日本市場では、その役を担っているのは個人投機家だ。

何とかせんと、穀物取引はシカゴや大連に全部持って行かれて、日本には無くなるぞ!
目隠しされて、サーキットを走れるか!という事だ。
金先物は4,944円の高値を夜間取引で記録し、またまた上場来の高値更新だ。

そして田中貴金属ら大手地金商の小売価格は、32年ぶりの高値で5,189円である。
つまりは1キロの地金だと、518万9000円という事になるわけだ。

安い頃はグラム1,000円程度、つまりは1キロ=100万で買えたものが、もう500万という事だ。

さて東京工業品取引所で金先物を1枚=1キロの単位。
現在の先物は2013年12月限であり、先物の証拠金は10万円程度。
つまり、100円上がった、下がったで、証拠金は倍になったり無くなったりしているわけだ。

だが、期限の12月まで売らないで、総代金を入れれば、4,944円+20円の手数料=4,966円で
地金を受け取る事も可能なわけだ。

すぐに地金が欲しければ、期近の2月限を受ければ、来月末には受け取れる。
本日の期近の終値は4,913円だったから、それにプラスの20円だ。

どう見ても、現物を買う場合も、東京工業品取引所を利用したほうが、安いぞ。
まあ、1キロ単位でしか買えないのが難点かもしれないけどね。

そういうご用命も、お待ちしております!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。