ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年5月30日付けをもって、外務員は引退しました。

今は皆さんと同じ一個人投資家になりました!

ほかにも仕事を持っているので、更新はたまにですね…。

でも週刊レポートは毎週書いてます。
スポンサーサイト
今年の流行語大賞が「ワイルドだろぉ」に決まったそうだが、

そのほかベストテンには「iPS細胞」、「維新」、「LCC」、「終活」、「第3極」、「近いうちに・・・」
「手ぶらで帰らせるわけには行かない」、「東京ソラマチ」、「爆弾低気圧」が入ったそうだ。

正直言うと、「LCC」、「終活」、「手ぶらで帰らせるわけには行かない」は、
初めは何の事かわからなかった。
仕方ないから、検索しちゃったよ!

「東京ソラマチ」は行った事あるぞ!
世界のビールをいっぱい置いてある店で飲んだんだが、観光地値段っていうのは高いな。やっぱり。
まあ、一度行けば十分だ。

もちろん、スカイツリーには、登らなかった。
だって、混んでるんだもん。

ノミネート50語もついでに見たが、
「ナマポ」、「ネトウヨ」辺りの方が、今年は流行ったと思うんだけどねぇ・・・
太陽の党になるらしいね。

「たいようのとう」と聞くと、どうしても大阪万博を思い出してしまうのだが、
それは自分らが20世紀少年だったから・・・

きっと真紀子なら「(太陽の)季節党では、すぐに終わる」とか、「政治は爆発しちゃいかん」とか
言ってくれるんじゃあるまいか?

名前なんぞどうでも良いが、かつては「裕次郎の兄です!」って選挙演説していたわけで、
「夜霧よ今夜もありが党」でも良かったかもしれんな(笑)
相場と政局は、一歩先は闇と言うが、
近いうちに行われる今度の総選挙だけは、自民復活、民主惨敗だけは決まっている。

マスコミは、第3極と言われる「みんなの党」、「日本維新の会」、「石原新党」の違いにばかり言及し、
原発問題、TPP問題、消費税問題など、各政策の差異を述べ立てる。
決まっている勝負では視聴率も取れないだろうし、タブーに言及したくないから、そうなるのだろう。

タブーとは、憲法改正問題である。
普通の国なら、保守派=右翼は護憲、改革派=左翼は改憲を是とするのが普通だろうが、なぜか日本は正反対だ。

そしてその憲法改正は衆参両院の3分の2以上の賛成が必要なわけで、安倍新政権が出来たとした場合に、

憲法第96条
この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。


という条文の改正から手を付けようとしているわけだ。

これを改正するのだって、3分の2以上の勢力が出来て初めて国民投票が行われるわけで、
例えば憲法9条やその他の条文が変わるのは、もっと先という話になる。

改憲に絶対反対するだろう党は、共産党、社民党、民主党の左派など。
場合によっては自民党や、維新の会などの一部にも、隠れ左翼が居るかもしれんが・・・

景気対策なんてものは、国に頼らず民間がやれば済む話だが、
領土問題などの外交問題は国以外ではできるはずもない話であり、
昨今の竹島問題~尖閣問題などに国民のストレスは溜まってきているはずであり、
土下座外交などもうゴメンだ!という意識は強まって来ているだろう。

聖徳太子以来の「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや」に戻るか?
それとも黙って尖閣を中国に渡すのか?
そういう戦いが始まるのだろう。
それこそが、戦後レジームからの脱却という事じゃあるまいか。

どこまで本当の事なのかどうかは知らんが、こんな話がある。

「この前(沖縄で)発生した(アメリカ兵による)レ○フ゜事件も、深い闇の部分がありましてね。
被害に合った女性の方はね、沖縄県民でもない、日本国民でもない、帰化された方なんですね。
構図はね、沖縄の女性がよそものであるアメリカ兵に強姦されたと。ケシカランということでナショナリズムが起きた。
でもね、県警は相当情報をブロックしているんですけどね、よく調べてみるとね、在日の方なんですよ。
しかも、お仕事もね、特殊なお仕事さ­れている方ですわ。まあ、男性相手の深夜の商売ですわ。
不思議なことにね。全部僕が暴露しますけど、沖縄にある政府の出先機関に昼間勤められてて、夜は深夜の仕事をされておられる。
よく沖縄ではレ○フ゜事件が起きて、マスコミがワーッと騒ぎたてるでしょう?その後、急に消えるじゃないですか。告訴しきれないんですよ。告訴したら真相がバレるから。
8月に起きた事件もね、ちょっと怪しかったんですね。そういった部分を知らずにね、ワーッと反米運動が起きる。そして世界に発信するという構図もあるしですね。
もう­一つ、日本政府は金で解決しようとするこれで成金が出来上がるわけですよ。」 惠隆之介氏


ここで言っている在日っていうのは、中国から帰化した人のことらしい。
中国版のツイッターでは、「人民解放軍は沖縄を今すぐ解放せよ!」といった過激なものや、米海軍兵2人による県民女性へのレイプ事件に触れ、「人民解放軍が駐留すれば、そんなことは起きない」とする発言も見られるという。

中国人ならレイプされて良いという事ではないんだが、すべてが壮大なやらせならどうなる?っていう話だ。

相場の世界も同じだが、表と裏は違うって事だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。