ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
商品市況展望 
平成25年4月28日記

3週間前に有料で発行したレポートを一部割愛して無料公開します。
今週の相場分析レポートを読むには⇒会員版の購読申し込みをお願いします! 


金相場急落、「炭鉱のカナリア」が発する警告
[ロンドン 15 日 ロイター BREAKINGVIEWS]
金相場は、金融市場における「炭鉱のカナリア」と言える。金価格のバブル崩壊は、債券や商品、株式の各
市場に潜む巨大なリスクを警告している。それらの危険はまだ差し迫ったものではないが、まぎれもなく本物
だ。
最近の金相場の調整は極端だ。金相場は過去10 年にわたり順風満帆だった。金投資家たちは、米国の住宅
バブルを賢明にも信用せず、住宅バブルがはじけると量的緩和で米ドルは下落し、超低金利によって金保有の
機会費用も低下した。
しかし、米景気は弱いながらも回復の兆しを見せ、米ドルは上昇し始めた。スマートマネー(先見の明があ
る投資家の資金)はすでに金から逃げ出している。相場の転機は来るべきして来たのだ。


金と銀以外の市場でも大きな調整局面のリスクは存在するが、相場の転換点はまだ訪れていない。株式市場
と商品市場にとって問題になるのは、米国経済や世界経済についての懸念や、企業業績のネガティブサプライ
ズのリスクだ。中国の第1・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は前年比7.7%と、第4・四半期の7.9%か
ら鈍化し、市場予想の同8.0%も下回った。米国の最近の小売売上高や雇用に関する指標も落胆を誘うものだ
った。
ただ、こうした景気への懸念は、米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和がすぐには終わらないとの期待を
維持する。
米国株式市場は過去最高値を更新しており、投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション
取引所(CBOE)ボラティリティー・インデックス(VIX指数)は2007 年以来の低水準となっている。
米国債価格の上昇は、量的緩和が早期に終了することはないとの見方を裏打ちするものだ。米10 年債利回
りは、3 月2%強から足元では1.72%に低下した。日銀の大胆な金融緩和も米国債の支援材料になるだろう。
金融緩和と経済の低成長が続くとの見方を背景に、安全資産である国債は引き続き選好されるだろう。

金融市場にとって大きな問題は、経済成長への懸念が後退し、FRB が異例の金融政策を終える時に訪れる。
そうなれば、株式と商品はかなり下落する可能性がある
。ただ、経済のファンダメンタルズ強化により、調整
はある程度軽減されるかもしれない。国債価格の調整はより深刻だろう。
金相場急落が投資家に与える教訓は、すでに多くの人が知っているものだ。市場はイージーマネーによって
危険なまでに歪められており、いずれ訪れる調整局面では、相場の下落は深刻なものになることを忘れてはな
らない。



前々から決まっていた週刊レポートの休刊日に合わせるかのように、金相場が5,000 円台→
4,100 円台まで2 日間で一時900 円もの大暴落を演じた。前回のレポート発行時点で、300 円分
の下げはすでにわかっていた話だったが、そこから更に600 円も一気に下げるとは…。
上記はロイターのコラムニストのコメントだが、同じくロイターは今回の金の大暴落を「2 億
年ぶりの大暴落」と述べている。2 億年前には金相場どころか、人類もいないわけだが、まあそ
れだけショッキングな出来事だったという例えだろう。
もう一つ、コメントを紹介しよう。

>>[ナカタレポート公開版20130428]の続きを読む
スポンサーサイト
商品市況展望 
平成25年4月14日記

3週間前に有料で発行したレポートを一部割愛して無料公開します。
今週の相場分析レポートを読むには⇒会員版の購読申し込みをお願いします! 

◆経済学者の野口悠紀雄たちは、いつまでこんな詐欺同然商売を続けるのか。 4月12日 中村正三郎

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478024057/showshotcorne-22/
金融緩和で日本は破綻する [単行本(ソフトカバー)] 野口 悠紀雄 (著)

これ、内容的には、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/19/6578073
経済学者の野口悠紀雄は、本業でも支離滅裂じゃないか。
で、批判したことをまとめたものみたいですね。訂正しているんだろうか。

それにつけても、野口悠紀雄、伊藤元重、竹中平蔵、岩田規久男、浜田宏一、 藤巻健史、三橋貴明、榊原
英資、小幡績、上念司、森永卓郎、池田信夫、その他、有象無象が、デフレ、リフレ、アベノミクスで、あれ
これ本を出したり、テレビに出たりしているが、こいつら、みんな、裏でつながっている詐欺師だと思ってい
たほうがいい。
どういうつながりかというと、経済論壇、経済雑誌、ビジネス書の出版社と つるんで、バカをカモるため
のつながり。

たとえば、アベノミクスに肯定、否定、どっちでも、煽れば儲かる。そういうつながり。
ほんとに、こんな連中のいうことを、信じるのは、バカ以外の何者でもない。何度もいうが、言ってること
の信憑性は、競馬の予想屋以下。 当たるも八卦、当たらぬも八卦のレベル。 当たれば、当たったといって大
宣伝したり、持ち上げるが、はずれても、知 らん顔だし、責任を取ることもない。 女性が引っかかる占い、
インチキダイエットの類と一緒。

そもそも、経済学は科学性が乏しい。理論が脆弱。特に定量的な面では、ほとんど役に立たない。それも、
株価、為替といった変動が大きなものには。
何度もいうが、図表、データを駆使してといっても、彼らがやっているのは、 自分の主義主張に都合のい
いところを都合のいい色眼鏡で解釈しているだけ。科学者のように、虚心坦懐に観測結果を調べてない。そも
そも、データの取り方も荒い。これも何度もいうが、なぜ、リアルタイム GDP 計画をぶち上げないのか。知
的怠慢だよ。

数学もできないのに、せめて汗水たらして、データを取ってこいと思うけ どね。あるいは、


>>[ナカタレポート公開版20130414]の続きを読む
商品市況展望 
平成25 年4 月7 日記

3週間前に有料で発行したレポートを一部割愛して無料公開します。
今週の相場分析レポートを読むには⇒会員版の購読申し込みをお願いします! 

日銀金融緩和策 英紙「革命始まった」 FRB 内賛否
産経新聞 4 月6 日(土)7 時55 分配信

【ワシントン=柿内公輔】黒田東彦総裁率いる日銀が決めた大規模な金融緩和策について、海外でも反響が
広がっている。「革命」と報じたメディアがある一方で、米連邦準備制度理事会(FRB)など各国の金融当局
では政策への影響を含めて、賛否両論が交錯。「黒田ショック」が世界を走った。

「日本で金融革命が始まった」。こう1面トップ記事で掲載したのは5 日付の英紙フィナンシャル・タイム
ズだ。「世界の中央銀行で最も慎重」とみられていた日銀が、力強い成長と物価上昇を取り戻すため、「ほかの
中銀を先導しようとしている」と指摘した。社説でも「日本の金融政策は20 年間失敗を重ねてきたが、黒田
総裁が最初の金融政策決定会合で大変革を起こした」と高い評価を与えている。

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)も東京の特派員発の記事で、「日銀の政策において歴史的な変革だ」
とする市場関係者の見方を紹介。4 日のニューヨーク市場では日銀の決定に驚きの声が広がったが、「2 年間
で2%の物価目標は非現実的」(債券運用世界最大手ピムコの幹部)と危ぶむ見方もあった。

FRB の次期議長の呼び声の高いイエレン副議長は4 日のワシントン市内の講演で、「(日銀の緩和策は)完
全に理解でき、適切だ」と全面的に支持。アトランタ地区連銀のロックハート総裁も講演で、世界の景気回復
に役立つと評価した。ただ、ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は「日銀の緩和で、FRB も(米国債購入な
どの)量的緩和を続けるべきだと圧力を感じる必要はない」と米メディアに指摘。世界的な緩和競争にくぎを
刺し、FRB 内で受け止めが割れた形だ。

欧州では、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に批判的なドイツのショイブレ財務相が、日本は構造
改革の必要性を認識しているはずとし、「金融と経済の変革の代わりに金融政策を用いるのなら、われわれは
誤った道を進む」と懸念を表明。4 日に金利の据え置きを決めた欧州中央銀行のドラギ総裁は「全容を見極め
る」と日銀の動向を注視する姿勢を示した。



今週の相場の動きは、まさに大波乱の展開であり、この「黒田ショック」を受けて為替はあっという間に4 円以上も円安が進み、日経平均は1,000 円高、商品相場の大暴騰の展開であった。
まさに「革命が始まった」ような状況である。

>>[ナカタレポート公開版20130407]の続きを読む
商品市況展望 
平成25 年3 月31 日記

うろ覚えだが、吉野家の牛丼は並で確か380 円。安全か、健康的かどうかは別にして、その
値段でも十分にうまい。学生時代にバイトでお世話になった事もあり、たまに食べたくなる。
その吉野家の牛丼じゃなくても、今どきはワンコインで十分、ちゃんとそこそこの飯は喰える。
昼飯に1,000 円以上掛けるなんていうのは、贅沢の極みだ(笑)。一般サラリーマンの昼食代な
んて、大体そんなものだろう。

だが一方で、カネは使おうと思えば幾らでも使える。ちょっと景気が上向き気味とはいえ、ま
だかつてのバブル時代みたいに銀座や六本木で札束をばらまく様な豪遊する人は“天然記念物”
だろうが(昔、顧客に奢られてその豪遊に付き合ったが、その人は一晩に250 万円を使った。
なんとクレイジーな時代だった事よ!)、それでもちょっとした名店で晩飯を喰えば、5 万や10
万円を使うのはわけない話だろう。
だが幾らカネがあったとしても、毎日毎日10 万円、月に300 万円も食い物に使えるかといえ
ば、はやり外食だと飽きるだろうから、ちょいと無理だろう。可能なのかもしれないが、当方に
はちょっと想像がつかん。普通は贅沢な食事が続けば、日本人だけに梅干しや魚の干物、味噌汁
とご飯の定番日本食が欲しくなるはず。
もっともそれらの定番日本食だって、高級品をお取り寄せすれば、梅干し1 個500 円、魚の
干物1 枚2,000 円、味噌や豆腐、コメも天日ぼしのコシヒカリとかこだわれば、吉野家の牛丼
の10 日分くらいは一食で簡単に吹っ飛ぶ。“美味しんぼ”の魯山人の世界だな。

そうは言っても、そういう風に使うカネにはやはり限界がある。“飲む・打つ・買う”の“打
つ・買う”を除くと、
>>[ナカタレポート公開版20130331]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。