ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金先物は4,944円の高値を夜間取引で記録し、またまた上場来の高値更新だ。

そして田中貴金属ら大手地金商の小売価格は、32年ぶりの高値で5,189円である。
つまりは1キロの地金だと、518万9000円という事になるわけだ。

安い頃はグラム1,000円程度、つまりは1キロ=100万で買えたものが、もう500万という事だ。

さて東京工業品取引所で金先物を1枚=1キロの単位。
現在の先物は2013年12月限であり、先物の証拠金は10万円程度。
つまり、100円上がった、下がったで、証拠金は倍になったり無くなったりしているわけだ。

だが、期限の12月まで売らないで、総代金を入れれば、4,944円+20円の手数料=4,966円で
地金を受け取る事も可能なわけだ。

すぐに地金が欲しければ、期近の2月限を受ければ、来月末には受け取れる。
本日の期近の終値は4,913円だったから、それにプラスの20円だ。

どう見ても、現物を買う場合も、東京工業品取引所を利用したほうが、安いぞ。
まあ、1キロ単位でしか買えないのが難点かもしれないけどね。

そういうご用命も、お待ちしております!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。