ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連休明けの東京金は、また小幅に上昇して始まりそうだ。

結局、国内連休中の為替相場はドル/円で89円台半ば、ユーロ/円で119円台後半と、
また若干の円安が進んでいる。
そんな中でユーロ/ドルでは、ドル安に向いて、ドル建て商品も上昇している。

よって、円安&海外高での国内市場の上昇となりそうなわけだ。

今朝方行われたバーナンキFRB議長の講演も、米国経済は労働市場が緩やかな改善を示すが、
まだ経済は脆弱であると述べ、つまりはQE3の早期解除は無いという事を示唆。
先週のNY金の下落時には、QE3の早期解除の懸念が台頭した事を考えれば、その弱材料は払拭されたという事でもある。
それも、今日の東京金市場には、買い材料となるだろう。

先週末の夜間取引で、利食い売りから下落となった市場は、あっという間にまた上昇するわけだ。

その他、プラチナはアングロ・アメリカン・プラチナム社の赤字転落で、採算性の低い鉱山の閉鎖が予測されて急騰。
原油は米パイプラインの整備で、過剰在庫が減ると上昇。
穀物では、コーンは在庫減、大豆は輸出増の観測で急騰など、全面高になりそうだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。