ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週金曜日まで金以上に急騰し、4,948円の高値まで記録したプラチナ相場は、
その後の夜間取引では急落となっている。

まず高騰した原因だが、もちろん円安というものあるわけだが、プラチナ独自の材料では・・・

アングロ・アメリカン・プラチナムは15日、操業見直しの結果、南アフリカの一部鉱山の操業縮小などで、年間40万オンス(約12.4トン、世界の白金総生産量の約7%に相当)を減産する方針を示した。なお、同社はこれら再編の結果、『最大1万4000人の雇用が影響を受ける可能性がある』と明言。うち1万3000人は南アフリカ・ルステンブルク鉱山(※昨年、大規模な違法ストが2ヵ月にわたって行われた)関連だとした。

このニュースが、急騰に拍車をかけたわけである。夜間取引で急落したのは・・・

世界最大のプラチナ鉱山会社であるアングロ・アメリカン・プラチナム社は、今後3ヶ月を掛けて同社の鉱山閉鎖提案に対し、南ア当局との協議を行うと発表。これが早期鉱山閉鎖の回避につながると、NYプラチナは急落した。

というわけである。

今週は日銀が、9年半ぶりの連続金融緩和をする可能性が強く、円安は止まらないかもしれない。
そういう中で、プラチナ相場は一時的にでも、一体幾ら押してくれるのかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。