ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
商品市況展望 
平成25年4月14日記

3週間前に有料で発行したレポートを一部割愛して無料公開します。
今週の相場分析レポートを読むには⇒会員版の購読申し込みをお願いします! 

◆経済学者の野口悠紀雄たちは、いつまでこんな詐欺同然商売を続けるのか。 4月12日 中村正三郎

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478024057/showshotcorne-22/
金融緩和で日本は破綻する [単行本(ソフトカバー)] 野口 悠紀雄 (著)

これ、内容的には、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/19/6578073
経済学者の野口悠紀雄は、本業でも支離滅裂じゃないか。
で、批判したことをまとめたものみたいですね。訂正しているんだろうか。

それにつけても、野口悠紀雄、伊藤元重、竹中平蔵、岩田規久男、浜田宏一、 藤巻健史、三橋貴明、榊原
英資、小幡績、上念司、森永卓郎、池田信夫、その他、有象無象が、デフレ、リフレ、アベノミクスで、あれ
これ本を出したり、テレビに出たりしているが、こいつら、みんな、裏でつながっている詐欺師だと思ってい
たほうがいい。
どういうつながりかというと、経済論壇、経済雑誌、ビジネス書の出版社と つるんで、バカをカモるため
のつながり。

たとえば、アベノミクスに肯定、否定、どっちでも、煽れば儲かる。そういうつながり。
ほんとに、こんな連中のいうことを、信じるのは、バカ以外の何者でもない。何度もいうが、言ってること
の信憑性は、競馬の予想屋以下。 当たるも八卦、当たらぬも八卦のレベル。 当たれば、当たったといって大
宣伝したり、持ち上げるが、はずれても、知 らん顔だし、責任を取ることもない。 女性が引っかかる占い、
インチキダイエットの類と一緒。

そもそも、経済学は科学性が乏しい。理論が脆弱。特に定量的な面では、ほとんど役に立たない。それも、
株価、為替といった変動が大きなものには。
何度もいうが、図表、データを駆使してといっても、彼らがやっているのは、 自分の主義主張に都合のい
いところを都合のいい色眼鏡で解釈しているだけ。科学者のように、虚心坦懐に観測結果を調べてない。そも
そも、データの取り方も荒い。これも何度もいうが、なぜ、リアルタイム GDP 計画をぶち上げないのか。知
的怠慢だよ。

数学もできないのに、せめて汗水たらして、データを取ってこいと思うけ どね。あるいは、


アメリカの経済学者みたいに、裏社会に潜入してこいと思うよ。地下経済を知らない経済学者なんて、そりゃ、クソでしょう。
関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/03/5660284
相撲の八百長なら「ヤバい経済学」が必読!「超ヤバい経済学」の感想も

東大文2、つまり東大経済学部はバカの巣窟とずっといわれている。一橋大学も似たようなもんじゃないか。
慶応や早稲田は、いうに及ばず。 学生はもちろんのこと先生たちもそう。メディアに出てくる経済学者、エ
コノミスト、アナリストは、おれの知る理系の連中に比べ、ほんと頭が悪いなあと思うこと多し。

男は、女が引っかかる占い、インチキダイエットの類には、なかなか引っかからないが、経済関係のビジネ
ス書だと、ころっと信じるバカが多い。 おれのいうカモリーマン。上記のような有様なのに、経済学という
後ろ盾や、経済学者の肩書きなどにダマされるんだね。
以前、どんな経済政策でもいいが、やってだめなら、財産没収の上、死刑か 無期懲役か懲役10 年といわ
れて、それでもやるという経済学者、エコノミスト、アナリスト、経済評論家の類がいるか、いないだろう。
連中にそんな覚悟がないなどということを書いた。

その点で、少しだけは竹中平蔵を評価できる。殺されるまでやらずに、逃げたけどね。あ、もっと露骨に逃
げたのは、経済学者の中谷巌だったが。
ずっと冷や飯を食わされてきたリフレ派の岩田規久男は、日銀副総裁になる とき、国会で、2年で目標が
達成できなければ辞任して責任を取るといって、態度を鮮明にしたが、ああじゃないと。 皇居前か靖国神社
で、切腹するといえば、もっとよかったが。\(^O^)/
関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/27/4206274
ウェークアップ!ぷらす、中谷巌の転向、ユダヤ人差別、小出シンバル
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/01/4218771
Re: ウェークアップ!ぷらす、中谷巌の転向、ユダヤ人差別、小出シンバル

野口悠紀雄に戻ると、彼はバブル芸者。 いつも、バブルだ、バブルだという。 藤巻健史と同じトリック。
壊れた時計が1日2 度、正確な時刻を指すというトリックを使っている。カモリーマンは、バカだから、それ
に気づかない。
野口悠紀雄は、いつもバブルと騒ぐバブル芸者なのに、イギリスが金融バブルなのに気づかなかった。アイ
ルランドにいたっては、イエーツ(イェイツ)の詩まで引いて、あの貧しいアイルランドが金融とIT で大躍進
したと涙を流さんばかり。イギリスやアイルランドにならって、日本は、ものづくりなんて遅れたことはやめ
て、金融工学万歳で金融立国を目指せなどとバカなことを、週刊ダイヤモンドや週刊東洋経済、その他で、吹
聴しまくった。

金融工学の限界は、経済物理学でも明らかになっていたのに、彼は、金融工学が絶対正しいとでも思ってい
たのだろう。ところが、不動産バブル、金融バブルが弾けたリーマンショック。イギリスの好景気もパー、ア
イルランドに至ってはほぼ国家破綻。しかし、野口悠紀雄は知らんふり。謝罪をしたり、責任をとって雑誌連
載をやめるといったことはしない。厚顔無恥とはこのこと。




当方のレポートで、必ず前週の予測からコメントするのは、「こっちは経済学者でもなく、評
論家でもなく、相場師だから。結果はどうあれ、甘んじて受ける」との考え方からだ。
相場は(特に先物相場は)“所詮、博奕なんだ!”という事も、常々言っているわけで、たか
が博奕に負けたからと言って、腹までは切らん(笑)
そもそも博奕なんていうのは、単なるゲームなんだから。博奕っていうヤツは、負けもあるか
ら面白い。必ず勝つ博奕は、そりゃイカサマ博奕だ。


〔貴金属〕
(プラチナ/コーン/大豆/ゴム/原油/ガソリン/灯油/ドル/円/ユーロ/円)を読むには⇒コチラ[PDF]

〇東京金日足
…削除済み…

今週の金の値動き

    4月限(当限) 前日比 2月限(先限) 前日比
4月 8日    5,000   211    5,013   216
4月 9日    5,023    23    5,029    16
4月10日    5,059    36    5,071    42
4月11日    4,998   -61    5,010   -61
4月12日    4,991    -7    5,001    -9

金相場は、先週号においては『このまま国内相場は新高値更新まで舞い上がる可能性が高いだ
ろう。またNY 金も弱気観測だった反動が出る可能性が高く、金相場はスパイラルな上昇局面入
りした可能性が高いかもしれない
』とコメントした。

今週の相場展開は、週明けの大暴騰で5,000 円台を一気に回復した後、3 日間は続伸。しかし
新高値更新には失敗し、11 日からは反落で終了である。
大暴騰後の高値は5,078円(4/11)、安値は4,980円(4/12)であった。

さて、そこまではまあ良しとしよう。先週4日(木)の後場からの「黒田ショックによる円安
相場」が、4,620 円台まで下落していた金相場を一気に450 円も急騰させたわけで
、そんなに上
がったのだから、週末までに起きた100円やそこらの押しは当り前と考える事は当然だ。

強調文しかし今度の週末は、先週とは真逆の大暴落である。夜間取引の安値は251円安の4,750円。
4時で終わった価格は、217円安の4,784円である。
NY 金が大暴落したためだが、…中略…

450円を上げ、300円を下げるなどまさにしびれる上げ、しびれる下げであるが、3日ほど待てば、また良い買い場だったという事になるのかな?」というのが、当方の考え方である。

なお一代の動きは以下のとおり。
東京金一代の動き

        始値        高値        安値        現在値
2013年 4月 4,307   4月25日 5,069  2月 7日 3,886   6月 4日 4,991
2013年 6月 4,023   6月27日 5,068  2月 7日 3,940   7月24日 4,989
2013年 8月 4,224   8月29日 5,873  2月 7日 4,166   9月 3日 4,989
2013年10月 4,404  10月29日 5,077  2月 7日 4,330  11月 6日 4,991
2013年12月 4,519  12月25日 5,081  2月 7日 4,502  12月25日 4,996
2014年 2月 4,759   2月26日 5,078  4月11日 4,621   4月 4日 5,001


〇NY 金日足
…削除済み…
週末4/12のNY市場は、前日比63.5ドル安の1501.4ドル。安値は1476.0ドルまであり、そ
の時点ではなんと88.9ドルの大暴落だった。

ドル/円相場も99.77 円→98.32 円(高値では98.04 円)まで1円超の円高であり、国内換算では240円安である。
ドルベース1476 ドルと、為替98.04 円が重なった価格を計算すれば、
1476 ドル×98.04 円÷31.1035=4,652 円であり、4/4 の安値はまだ切らないが、前日比349 円
安換算という大暴落だった。

当方の相場観では、為替はせいぜいあって96 円台だろうとの見方だが、終値ベースでは1,500
ドル台には回復したとはいえ、一時は大きく割り込んだわけなので、NY 金の情勢は一気に悪化。
再び、先々週までの「1520 ドル台を割り込むようなら、1350 ドル辺りまでの下げは十分に有り
得る
」という相場観に回帰しなければならないだろう。


その時、為替が仮に100 円でも、
1350ドル×100円÷31.1035=4,340円という換算になるわけで、そうなると11 月の安値に“往って来い”である。
4,700円台は買い場では?と考えている一方で、最大のリスクはその辺まで見ておかないとし
ょうがないだろう。


なお先週、ソシエテ・ジェネラルは…中略…

もう一度言うが、週末の安値は1476 ドルで、当方が前々から言っていた最大リスクは1350
ドル。“黒田ショック”での大暴騰後に、金男にそれをまだ言われてもねぇ…だな。

CFTC発表の4/9現在のファンドのポジションは、 …中略…

4/11現在でのETF残高は、
 …中略…

結論として当方の相場観は、週末の夜間取引では、突如のNY 金の大暴落である。最大で下げ
は1350 ドルまで視野に入れているが、目先の4,700 円台は買い場ではあるまいか。ただし、そ
の最大の下げ換算は4,300 円台であるため、今の金相場は短期張りに徹するべきだろう。


このレポートは、私が個人的な判断で書いたものです。
内容の責任はすべて私に帰するものですが、取引に対する利益を保証するものでは在りません。
(当たり前ですが念のため)
ひげの中ちゃん相場情報
中田幸一郎
ひけのなかちゃんWebサイト
会員版ナカタレポートお申し込みはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。