ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そしてFOMC (Federal Open Market Committee=連邦公開市場委員会)は、連邦準備制度理事会の最高意思会合となっているわけで、ここでの決定が米国の金融政策=実質的には世界の金融政策を決める場所になっているわけだ。市場が相場材料として、注目するのは当然だ!
なおこの委員会はFRBの理事7名と5名のニューヨーク連銀を含む地区連銀総裁で構成されている。議長はFRB議長が、副議長はNY連銀総裁が担当する事となっている。当然そこには株主の意向も反映されるはずで、オバマの意向なんぞ大した割合じゃあるまい。

さてまたQE3(Quantitative Easing program 3)に戻ると、通常の金融緩和策が政策金利を引き下げるものであるのに対し、QE(Quantitative Easing program)は市場に供給する資金量を増加させることで金融緩和を図るもので、いわばヘリコプターでカネをばらまく政策なわけだ。
 景気が悪化状態にある時、一般的には金利を引き下げる策が用いられる。だが現在のように、すでにゼロ金利の状態にある場合は、通常の金融政策では不可能だ。だから中央銀行が資産の買い入れを行って、市場に出回る資金量を拡大するという量的緩和策を取るわけだ。

続く...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。