ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原油生産量は、1995年5月以来の高水準だそうで、
原油在庫量も、1982年の統計開始以来の最高水準だそうだ。

1982年って言ったら30年も前の話で、まだ当方も学生だったぞ!

とにかく、そんなこんなで、NY原油は一時94.94ドルと95ドル割れまで下落。

連れて貴金属なども下落したが、穀物相場など下げていないし、信用収縮からの大暴落が起きる感じではない。
南アでは相変わらず鉱山ストが続いているし、
昨日のFOMCは新たな材料は出なかったものの、QE3の継続は決まった。

30日はいよいよ日銀の金融緩和が行われるのだろうし、
さて金融緩和によるカネ余りと、世界景気の低迷とで、どっちが勝つかという相場だ。


景気はいずれ回復する時もあるのかもしれないが、
世界的に失業率が改善し、日本もデフレではなくなる・・・という時代は果たして来るのか?
正直、そんなのは難しいのでは?

多国籍化した巨大企業は、今は中国からの脱出を図っているが、
向かう先はインド、ベトナム、カンボジア、ミャンマーなどだ。
親日的な国に投資が向かうのは大賛成だが、企業は人件費が安いからそういう国に向かうわけで、
そうやってそれらの国の生活水準がアップするということは、先進国の所得移転が起きる事と同義なわけだ。

日本を初めとした先進国は、
農業だって機械化でジジ、ババだけでも何とかなる。
工場だってオートマ化で、昔ほど人は要らない。
会社員だってコンピュータ化で、やっぱり人は要らないだろ?

人間は、労働を少なくするために徐々に文明を発達させてきているわけで、
仕事がない社会を作って来ているわけだ。

スペインじゃ若者の2人に1人が失業だが、喰えなくて死んだという話は聞かない。
仕事がないのが、普通の社会になって行くのかもしれんぞ!

相場をやりながら、いつもそんな風に考えている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。