ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日銀金融政策決定会合後に急落した相場は、昨日、今日と急反騰。
これでまた、どっちに相場が向いているのだが、わからんような状況だ。

こういう時は、野田首相のように「近いうちに(上がるOR下がる)」と言っておくのがベターだな。
それでも文句が出たら、「明日への責任」と連呼するしかなかろう。


さて政局はいつだってゴタゴタなわけだが、自民党は特例公債法案の審議に応じると決めたようだ。
今朝の「みのもんた」の出ている番組では、コメンテーターが皆で法案を通さずに解散を求めてゴタゴタするのは、
「責任ある野党」の取るべき道ではないと石破幹事長に向かって大合唱!
近いうち解散を守らぬ民主党と、それを政局にする自民党のどっちも悪い!との論がマスコミの主張だ。

だが、ちょっと待て!
野党っていうのは政府と対立しているから野党であり、責任を持って法案を通すのは与党の役目じゃないの?
国民生活を守りたいなら、野党と妥協点を探るのは与党の役目じゃないの?
自民嫌い、民主好きのマスコミは、この後に及んでも「どっちも悪い!」という世論にしたいんだろうね。

自民党は、次の選挙じゃ今のところ大勝ちが決まっているわけで、その世論を形成されても得は無いと判断したのだろう。

だが、ちなみに今日はこんなニュースもある。

沖縄県の無人島で計画されていた自衛隊とアメリカ軍による離島防衛訓練が、日本の要請で中止されたことについて、先週来日したアメリカのキャンベル国務次官補が外務省幹部に、「理解しかねる」と強い不快感を示していたことがわかった。

民主党は竹島の単独提訴はいつの間にか取り下げ、これもそうだが、相変わらず中韓に媚びるヘタレだ。
一部には衆院解散は当分なく、来年の衆参両院選挙になるのでは?との観測もあるようだが、
はやく民主党を政権の座から引きずり下ろさないと、尖閣も中国に取られちゃうかもね!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。