ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相場と政局は、一歩先は闇と言うが、
近いうちに行われる今度の総選挙だけは、自民復活、民主惨敗だけは決まっている。

マスコミは、第3極と言われる「みんなの党」、「日本維新の会」、「石原新党」の違いにばかり言及し、
原発問題、TPP問題、消費税問題など、各政策の差異を述べ立てる。
決まっている勝負では視聴率も取れないだろうし、タブーに言及したくないから、そうなるのだろう。

タブーとは、憲法改正問題である。
普通の国なら、保守派=右翼は護憲、改革派=左翼は改憲を是とするのが普通だろうが、なぜか日本は正反対だ。

そしてその憲法改正は衆参両院の3分の2以上の賛成が必要なわけで、安倍新政権が出来たとした場合に、

憲法第96条
この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。


という条文の改正から手を付けようとしているわけだ。

これを改正するのだって、3分の2以上の勢力が出来て初めて国民投票が行われるわけで、
例えば憲法9条やその他の条文が変わるのは、もっと先という話になる。

改憲に絶対反対するだろう党は、共産党、社民党、民主党の左派など。
場合によっては自民党や、維新の会などの一部にも、隠れ左翼が居るかもしれんが・・・

景気対策なんてものは、国に頼らず民間がやれば済む話だが、
領土問題などの外交問題は国以外ではできるはずもない話であり、
昨今の竹島問題~尖閣問題などに国民のストレスは溜まってきているはずであり、
土下座外交などもうゴメンだ!という意識は強まって来ているだろう。

聖徳太子以来の「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや」に戻るか?
それとも黙って尖閣を中国に渡すのか?
そういう戦いが始まるのだろう。
それこそが、戦後レジームからの脱却という事じゃあるまいか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。