ひげのなかちゃん

ひげのなかちゃん 商品市況日々雑感

調査部会 コモディティー・ボイスネット ワーズオン ローソク足手書きチャート用紙「ラクロシュ【LaXU】 東京ゴールドフェスティバル2015
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連休前に極端に値が動いたりするのは、ポジション解消の売買が多くなるためだ。
相場というものが「ゼロサムゲーム」である限り、上がっている時は買い方が儲け、売り方が損している。
当然下がっている時は、買い方が損をし、売り方が儲けている。

で、連休前などに相場が上がっていたとして、何が起きるか?
苦しくてしょうがない売り方が先に買い戻しを掛け、相場は更に高騰するわけだ。
買い方の利食い? もちろんそれは出るだろうけれども、基本的に急騰・急落は投げ踏みで起きるのが普通。
金の切れ目が縁の切れ目で、相場には追証というのが掛かるから、恐怖で大きな変動が起きるわけだ。
冷静なら割高じゃ買わないし、割安じゃ売らないでしょ!

それが連休前に出尽くすから、連休後は相場が逆に動く事も多いわけだな。


そんな中で、為替は82円台半ばまでの円安。米国市場も原油・貴金属など高く、
東京市場の夜間取引では一段高となっている。

ハマス対イスラエルの戦いは停戦合意だし、ギリシャ支援もぐだぐだで終了。
本来ならドル高、商品安になりそうなものだが、相場は逆に来ているわけだ。

特にNY原由のここ数日の値動きは、

19日・・・      中東での戦闘激化で急騰 ↑
20日・・・      停戦するかもと急落 ↓
その後の夜間取引・・・やっぱ停戦しないかも ↑
21日・・・      停戦するよ! ↑

つじつまの合わない動きだが、連休前特有の動きだと思えば、これもまたアリなのだろう。   


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。